いつの日か世界一周の動物撮影の旅へ♪大の苦手な英語と日々格闘中!(^^;) I'll go to travel all over the world for taking photo for animals someday!I'm studying English every day!(^-^;)


by nanatsuki718
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

らいおんさんだ!!/Look at a lion!!

b0022617_023279.jpg


ママ!らいおんさんだよ!
ライオンの登場に大喜びの女の子。
ライオンも困惑気味ながら、ちゃんとサービスしてあげてるところがエライ!(笑)

Mamy! Look at this lion!!
She was very excited she could see a lion.
I was surprised that the lion answered the expectation of the small girl!(^-^)




動物園遠征、まずはじめはLondon Zoo!
中心街から程近く、最寄り駅まではアクセスは便利。
でも、広大な公園の一部にあり最寄り駅から園の入り口までは歩いて30分近くかかったかも・・・(^-^;)
開園してから園内をひとまわりしてみましたが、大きさはズーラシアくらいかな。
1828年開設と歴史が長く、でも2005年には「人間」を展示したり斬新な試みも忘れない動物園。
WWFのロゴマークのモデルとなったパンダも、くまのプーさんのモデルとなったクマも、
昔々、ロンドン動物園に実在していたそうです。
歴史があるイコール古めかしくてボロボロかと思いきや、全然そんなことはなくて
檻などの人工物はなるべく見えにくく、もしくは擬木などがあちこちに使われていました。
また、動物が隠れるスペースもあちこちにあったりして、施設自体もズーラシアに似てるかな。
ちょうど、朝から暑い日だったので、動物たちは早々に木陰でお休みモード。
私は次の予定があったので3時間しかいられず、全然写真は撮れず(泣)
また、ロンドン動物園の設立当初からのコンセプトとして
「一流の建築家に建築物の設計を依頼する」ことを誇りにしてきたそうで、
時計台、キリン舎、ペンギンプール、マッピン・テラス、
ラウンドハウス、北門キオスク、スノードン禽舎、象舎および犀舎など、
歴史的な建築物がお好きな方にも一見の価値あり!

独断と偏見で、評価!(☆5つが最高)
アクセスの良さ ☆☆ (最寄り駅からが遠いの~。ま、公園散策だと思えば楽しい・・・かも?)
動物の種類の充実度 ☆☆☆(ロンドン随一の種類の多さというほどではないような?)
動物生き生き度 ☆☆☆(適度に隠れるスペースもあって快適そうかも)
施設の魅力度 ☆☆☆(歴史的に価値のある獣舎もあり。でも、工事中の場所も多し)
園内の雰囲気 ☆☆(案内板がわかりにくいかも。工事中で迂回の場所も多くて右往左往)
イベントの充実度 ☆☆(餌やりはペンギンと鳥とナマケモノとリスざるのみ。物足りないかも)
売店・レストラン ☆(午前中は半分も開店しておらず、売店の品揃えもイマイチ。もっとガンバレ!)
トイレ ☆(それほどきれいではなく、数も少ない。場所がわかりにくい)
総合評価 ☆☆☆
ネットなどで調べて想像していたものとは大分違っていました。
工事中の場所も多かったので、今後も老舗動物園としての歴史を守りつつ新しい試みに挑戦して、
ますます魅力的な動物園になることを期待しています!
b0022617_159113.jpg

ペンギンプール
(スロープの温度上昇がペンギンの足に悪いという理由で現在は使用されていません。
歴史的建築物として登録されているため、主不在のまま園内にひっそりあります)
b0022617_2078.jpg

Animal adventure入り口のモニュメント
(両方のポールの下にヤギを動かせるレバーあり。何故かガキンチョに大人気(笑))
[PR]
by nanatsuki718 | 2009-04-26 22:23